日本百低山を通して低山に親しむ、低山のすすめ

日本百低山で親しむ低山
トップ  低山のすすめ  低山の山行情報  日本百低山  山行ツール  登山の構え  お問い合わせ  サイトマップ

低山を検索


既知の低山

 [010] 泉ガ岳
 [011] 霊山
 [014] 猫魔ガ岳
 [016] 筑波山
 [035] 武甲山
 [039] 御岳山
 [040] 大岳山
 [044] 高尾山
 [055] 鋸山
 [BTG24-20140201
-016] 鶏足山(野登山)

未踏の低山

 [001] 藻岩山
 [002] ニセコアンヌプリ
 [003] 樽前山
 [004] 渡島駒ガ岳
 [005] 函館山
 [006] 恵山
 [007] 七時雨山
 [008] 姫神山
 [009] 太平山
 [012] 蓬田岳
 [013] 鎌倉岳
 [015] 小野岳
 [017] 加波山
 [018] 男体山
 [019] 竪破山
 [020] 八溝山
 [021] 古賀志山
 [022] 晃石山
 [023] 岩櫃山
 [024] 嵩山
 [025] 子持山
 [026] 榛名山
 [027] 妙義山
 [028] 鹿岳
 [029] 稲含山
 [030] 荒船山
 [031] 御荷鉾山
 [032] 城峰山
 [033] 笠山
 [034] 秩父三峰山
 [036] 棒ノ折山
 [037] 伊豆ガ岳
 [038] 釜伏山
 [041] 御前山
 [042] 川苔山
 [043] 権現山
 [045] 天上山
 [046] 乳房山
 [047] 石老山
 [048] 高畑山
 [049] 扇山
 [050] 大山
 [051] 塔ノ岳
 [052] 金時山
 [053] 駒ガ岳
 [054] 明神ガ岳
 [056] 伊予ガ岳
 [057] 富山
 [058] 弥彦山
 [059] 米山
 [060] 金北山
 [061] 石割山
 [062] 大洞山
 [063] 足和田山
 [064] 長者ガ岳
 [065] 蛭ガ岳
 [066] 身延山
 [067] 高社山
 [068] 独鈷山
 [069] 霧訪山
 [070] 浜石岳
 [071] 竜爪山
 [072] 天城山
 [073] 高根山
 [074] 発端丈山
 [075] 鳳来寺山
 [076] 本宮山
 [077] 石巻山
 [078] 御在所岳
 [079] 霊仙山
 [080] 伊吹山
 [081] 武奈ガ岳
 [082] 比叡山
 [083] 愛宕山
 [084] 二上山
 [085] 三輪山
 [086] 大和葛城山
 [087] 多武峰
 [088] 吉野山
 [089] 高野山
 [090] 六甲山
 [091] 先山
 [092] 雪彦山
 [093] 蒜山
 [094] 三瓶山
 [095] 弥山
 [096] 琴平山
 [097] 宝満山
 [098] 英彦山
 [099] 鶴見岳
 [100] 開聞岳
 [101] 日本国

最近の低山山行


低山雑感


筑波山-名低山を堪能する 2010/04/21(植物編)

山行記録後編からの続き

筑波山の植物

片栗(かたくり)

筑波山の雪が解けてなくなる頃、首をもたげる片栗の花。

春の筑波山を代表する植物である片栗が、まだまだ楽しめる状態にあった。

片栗の花-1
片栗の花-1

片栗の花-2
片栗の花-2

片栗の花-3
片栗の花-3

片栗の花-4
片栗の花-4

片栗の花-5
片栗の花-5

二輪草(にりんそう)

片栗が枯れる頃、交代で花を咲かせる二輪草。

二厘草もまた、春の筑波山を代表する植物である。

咲き始める二輪草と枯れ行く片栗
咲き始める二輪草と枯れ行く片栗

二輪草
二輪草

菊咲一華(きくざきいちげ)

片栗、二輪草に次いで見る機会の多い菊咲一花。

東一華(あずまいちげ)とは近縁であり、見た目によく似ているが、派の形状が異なる。

菊咲一花-1
菊咲一花-1

菊咲一花-2
菊咲一花-2

百合山葵(ゆりわさび)

岩陰の湿った場所で百合山葵を見つけた。

筑波山は水を多く湛える山なので、探せばたくさん見つかるのかもしれない。

いわゆる山葵と同属だが、百合山葵は全体に小さい。

百合山葵
百合山葵

小金梅(こきんばい)

金梅の一種類と思われるが、特定できなかった。

暫定的に小金梅として記載してある。

小金梅?-1
小金梅?-1

小金梅?-2
小金梅?-2

耳形天南星(みみがたてんなんしょう)

耳形天南星をひとつだけ見つけることができた。

心ない入山者に盗掘されないことを祈るばかりだ。

耳形天南星
耳形天南星

耳形天南星の中身
耳形天南星の中身

耳形天南星の中には・・・
耳形天南星の中には・・・

筆竜胆(ふでりんどう)

足元をよく見ていないと見逃してしまう筆竜胆。

どうしてもピントが合わず、画像はぼけてしまっている。

筆竜胆の壷の中
筆竜胆の壷の中

筆竜胆の側面
筆竜胆の側面

乙女菫(おとめすみれ)

登山道の木道の隅で咲く乙女菫。

こちらもよく見て歩かないと見逃してしまう。

乙女菫
乙女菫

ブナ林の長期モニタリング

筑波山ではブナ林の長期モニタリングをしており、案内書きが見られた。

ブナの個体状況を確認するため、個体識別用のアルミ製番号札が付けられていることがあるらしい。

ブナ林の長期モニタリング
ブナ林の長期モニタリング

盗掘は犯罪

山岳会のパーティでさえ盗掘を平気で行う参加者がいる今日、罪の意識があまりにも低いことはいうまでもありません。

登山での盗掘は犯罪です。器物損壊罪・窃盗罪・森林窃盗罪などの罪に問われ 30万以下の罰金刑とともに前科者になります。

それ以前に、他人の物と盗めば犯罪です。誰の物でもない?馬鹿ですか?山の所有者の物ですよ。そもそも誰の物でもないのなら、あなたの物でもありません。

山に入ったら、とってもいいのは写真だけ。無条件に守るべき鉄則です。

盗掘することなかれ、自然を荒らすことなかれ
盗掘することなかれ、自然を荒らすことなかれ

 

自然探求路

筑波山の自然探求路は、男体山山頂直下を一周する環状路で、基点は御幸ヶ原となっている。

御幸ヶ原の公衆トイレが改装される前は、普通に案内板が立っていたのだろうが、今では公衆トイレの外壁に、その案内板が掛けられている。

御幸ヶ原の自然探求路案内板
御幸ヶ原の自然探求路案内板

筑波山の自然探求路の全体図を示す案内板も、自然探求路の途中にある。

こちらの案内図は、全周を視覚的に捉えられるので、とても分かりやすい。

案内図は、18箇所のテーマ別案内図をベースに構成されているが、今回は男体山山頂から自然探求路の途中部分へ入ったため、1から4の案内図について、画像データが取れなかった。

自然探求路の全体図
自然探求路の全体図

5番の案内図は、岩石の風化と題されている。

山地における岩石の粒化と風化について説明しているが、登山ガイドの説明にも同様の内容があるくらいで、読んでおいて損はない。

5-岩石の風化
5-岩石の風化

6番の案内図は、筑波山における植物の垂直分布と題されている。

例えば植生の異なる北海道と本州を比べると、垂直分布に差が見られる話をするときに、ベースの知識となりうる。

6-筑波山における植物の垂直分布
6-筑波山における植物の垂直分布

7番の案内図は、筑波山の衣替をする樹木と題されている。

例えば唐松(からまつ)は、松の仲間でありながら冬に葉を落とします、などという話をするときにベースの知識となりうる。

7-筑波山の衣替をする樹木
7-筑波山の衣替をする樹木

7番の案内図のそばには四阿があり、他の登山者も一切歩いておらず、とても静かな時間を確保できる。

ここで食事休憩を取り、至福の時間を過ごした。

四阿で休憩
四阿で休憩

7番の案内図の近くには、展望台があり、三角点が設置されている。

自然探求路には人がおらず、絶景を独り占めにして、好きなだけ楽しめる。

自然探求路の展望台
自然探求路の展望台

自然探求路の三角点
自然探求路の三角点

展望台からの眺望-1
展望台からの眺望-1

展望台からの眺望-2
展望台からの眺望-2

展望台からの眺望-3
展望台からの眺望-3

展望台からの眺望-4
展望台からの眺望-4

8番の案内図は、ロストしてしまった。

9番の案内図は、ガマガエルの仲間と題されている。

9-ガマガエルの仲間
9-ガマガエルの仲間

10番の案内図は、植物の博物館ですと題されている。

破損して、もはや朽ちかけている。悲しい限り。

10-植物の博物館です
10-植物の博物館です

11番の案内図は、大石かさねの伝説と迷信と題されている。

11-大石かさねの伝説と迷信
11-大石かさねの伝説と迷信

12番の案内図は、筑波山の四季の花と題されている。

12-筑波山の四季の花
12-筑波山の四季の花

自然探求路の案内図が再度見つかるが、案内板を支える木枠が壊れてしまったのだろう。

こともあろうに、木の枝にのせてある。

朽ちた自然探求路の全体図
朽ちた自然探求路の全体図

自然探求路は、真壁・薬王院へ抜けられるルートがある。

12番と13番の案内図の間に、真壁・薬王院分岐が存在している。

真壁・薬王院分岐
真壁・薬王院分岐

13番の案内図は、紅葉と落葉と題されている。

13-紅葉と落葉
13-紅葉と落葉

14番の案内図は、筑波山に昆虫が多いのは?と題されている。

14-筑波山に昆虫が多いのは?
14-筑波山に昆虫が多いのは?

15番の案内図は、広葉樹林は昆虫の天国ですと題されている。

15-広葉樹林は昆虫の天国です
15-広葉樹林は昆虫の天国です

16番の案内図は、ツクバの名を持つ植物と題されている。

16-ツクバの名を持つ植物
16-ツクバの名を持つ植物

17番の案内図は、住んでいる哺乳類と鳥類と題されている。

17-住んでいる哺乳類と鳥類
17-住んでいる哺乳類と鳥類

18番の案内図は、けものの生活と題されている。

18-けものの生活
18-けものの生活

 

植物と自然探求路の所感

筑波山の植物は、多種多様で変化に飛んでいる。春だけでもかなりの種類の植物が花を咲かせており、疎い者には把握しきれない。

年間を通してみれば、さらに種類が多く、個体数が多く、飽きるどころか、知り尽くすことさえ容易でない。

筑波山に登れば、一年を通して何某かの植物を観察できるのだから、は植物を好む方々にとっては、素晴らしい事実なのだろう。

また、筑波山の自然探求路は、利用者が少なく、快適に自然を観察できるのだから、こちらも申し分ない。

長期間放置され、朽ちかけている自然探求路も、既に整備の手が入り始めている。自然探求路全体が補修・改善される日も遠くはない。

これまで、登山中の植物観察や自然観察には関心が低かったが、今回の山行で考え方が大きく変化した。

単なる山行から、植物と自然の観察を兼ねた山行への変化。

これを促す筑波山の存在価値は大きいと感じる山行となった。

記録の構成

 

 

低山のすすめ




日本百低山とは

 
 日本百低山とは?
 

山行ツール

 【参考資料】
  山行地図(一般)
  山行ガイド
 【気象情報】
  登山天気
  goo天気
  Yahoo!天気情報
 【交通機関】
  Yahoo!路線情報
 【宿泊施設】
  全国山小屋集
  平地泊
 【山岳会】
  山岳会応援サイト
               もっと読む



メールマガジン

 メールマガジン


お問い合わせ

 お問い合わせフォーム


RSSフィード

 ATOM1.0

 RSS2.0

 人気ブログランキング


トップ  低山のすすめ  低山の山行情報  日本百低山  日本百低山リスト  山行ツール  登山の構え  お問い合わせ  特定商取引法表記   サイトマップ
Copyright 低山のすすめ