日本百低山を通して低山に親しむ、低山のすすめ

日本百低山で親しむ低山
トップ  低山のすすめ  低山の山行情報  日本百低山  山行ツール  登山の構え  お問い合わせ  サイトマップ

低山を検索


既知の低山

 [010] 泉ガ岳
 [011] 霊山
 [014] 猫魔ガ岳
 [016] 筑波山
 [035] 武甲山
 [039] 御岳山
 [040] 大岳山
 [044] 高尾山
 [055] 鋸山

未踏の低山

 [001] 藻岩山
 [002] ニセコアンヌプリ
 [003] 樽前山
 [004] 渡島駒ガ岳
 [005] 函館山
 [006] 恵山
 [007] 七時雨山
 [008] 姫神山
 [009] 太平山
 [012] 蓬田岳
 [013] 鎌倉岳
 [015] 小野岳
 [017] 加波山
 [018] 男体山
 [019] 竪破山
 [020] 八溝山
 [021] 古賀志山
 [022] 晃石山
 [023] 岩櫃山
 [024] 嵩山
 [025] 子持山
 [026] 榛名山
 [027] 妙義山
 [028] 鹿岳
 [029] 稲含山
 [030] 荒船山
 [031] 御荷鉾山
 [032] 城峰山
 [033] 笠山
 [034] 秩父三峰山
 [036] 棒ノ折山
 [037] 伊豆ガ岳
 [038] 釜伏山
 [041] 御前山
 [042] 川苔山
 [043] 権現山
 [045] 天上山
 [046] 乳房山
 [047] 石老山
 [048] 高畑山
 [049] 扇山
 [050] 大山
 [051] 塔ノ岳
 [052] 金時山
 [053] 駒ガ岳
 [054] 明神ガ岳
 [056] 伊予ガ岳
 [057] 富山
 [058] 弥彦山
 [059] 米山
 [060] 金北山
 [061] 石割山
 [062] 大洞山
 [063] 足和田山
 [064] 長者ガ岳
 [065] 蛭ガ岳
 [066] 身延山
 [067] 高社山
 [068] 独鈷山
 [069] 霧訪山
 [070] 浜石岳
 [071] 竜爪山
 [072] 天城山
 [073] 高根山
 [074] 発端丈山
 [075] 鳳来寺山
 [076] 本宮山
 [077] 石巻山
 [078] 御在所岳
 [079] 霊仙山
 [080] 伊吹山
 [081] 武奈ガ岳
 [082] 比叡山
 [083] 愛宕山
 [084] 二上山
 [085] 三輪山
 [086] 大和葛城山
 [087] 多武峰
 [088] 吉野山
 [089] 高野山
 [090] 六甲山
 [091] 先山
 [092] 雪彦山
 [093] 蒜山
 [094] 三瓶山
 [095] 弥山
 [096] 琴平山
 [097] 宝満山
 [098] 英彦山
 [099] 鶴見岳
 [100] 開聞岳
 [101] 日本国

御岳山-鳩ノ巣イン、古里アウトのコース 2007/07/16

 

台風一過の山歩き

各地に大きな被害をもたらした台風四号。御岳山の登山道にも
強風による派手な倒木があり、しっかりと爪痕が残っていた。


<御岳山のコース>

 JR青梅線の御嶽駅で下車、徒歩・ケーブルカーで登る
 単発的なコースがあり、御嶽神社の参拝客も多い。

 鳩ノ巣駅、古里駅からも登山コースがあり、縦走せずに
 単発的に登ることができる。

 奥多摩の名だたる山々からの縦走も可能で、日の出山、
 大岳山から歩ける。


<今回のコンセプト>

 御嶽駅、ケーブルカーともに利用しないコースで登る。

 低山山行の王道を行く山歩きを目指す。


<山行記録>

 01→11:11  鳩ノ巣駅
   ~11:15 
 02→11:15  登山口
   ~11:30 
 03→11:35  尾根乗越
 04→11:48  越沢バットレス
   ~11:50 
 05→12:21  小休憩
   ~12:24 
 06→12:26  大楢峠
 07→12:35  倒木
 08→13:26  裏参道分岐
 09→13:35  御嶽神社
   ~14:00 
 10→14:08  裏参道分岐
 11→14:10  御嶽ビジターセンター
   ~14:15 
 12→14:16  大塚山への分岐
 13→14:22  古里への分岐
 14→14:34  大塚山山頂
   ~14:36 
 15→14:43  分岐
 16→15:19  大久保指道標
 17→15:32  大平指道標
 18→15:46  丹三郎登山口
 19→15:56  駅前コンビニ
   ~15:57 
 20→15:58  古里駅
   ~16:13 

 〔01〕
  鳩ノ巣駅から青梅街道に出る。
  駅舎を背にして右側から街道に出た場合は街道を左折。
  駅舎を背にして左側から街道に出た場合は街道を右折。
  見晴亭という土産物屋の右手に、霊仙屋という民宿へ
  下る道があり、そこを下りる。霊仙屋を過ぎてすぐに
  細い橋を渡り、坂下集落へと入る。
  鳩ノ巣渓谷の散策道は、目指すコースではない。

  鳩ノ巣駅、下り方面(奥多摩行き)側の駅舎
  
  駅前のWCは、この写真の位置から駅舎をはさんだ
  向こう側にある。

 〔02〕
  坂下集落を登り切ったところで、舗道が登山道に変わる。
  これが鳩ノ巣側の登山口で、小さいがきれいなWCがある。

 〔03〕
  尾根乗越が正確にどの場所だったのかは分からずじまい。
  庵状の休憩施設は存在した。

 〔04〕
  越沢バットレスというキャンプ場がある。前述の庵状の
  休憩施設と同じ物が入口右側にあり、小休憩とする。
  越沢バットレス対岸の岩壁でクライミングする人多数。
  また、七月は源氏蛍が自生するそうである(昼間未確認)。

 〔05〕
  大楢峠の手前で小休憩。この林道は距離と高さを稼ぐための
  アルバイトで、面白さはあまりない(不快でもないが)。

 〔06〕
  大楢峠では、今回の御岳山、上坂経由の奥多摩駅、
  三ツ釜の滝経由の奥多摩駅、鳩ノ巣駅の四方向へ分岐する。

 〔07〕
  台風四号によって倒された木が登山道を塞いでいる。

  真新しい傷を見せる倒木の幹

  林道を塞ぐ倒木

 〔08〕
  大楢峠からは、極めて快適な登山道。眺望があるわけでも、
  珍しい植物があるわけでもないが、ゆるやかに続く道は
  歩いていて飽きない。登山道に人工的な匂いを感じたら、
  山上群落であり、裏参道に辿り着く。

 〔09〕
  御岳山の山頂に位置する御嶽神社。山岳信仰の場として、
  かつては関東近辺の信者を集める場所だったらしい。
  その名残であり、今も現存する宿坊や旅館は、山頂に
  辿り着くと人間の生活の場があるという異質な事象を
  ともなって強く印象に残る。929m。

  御嶽神社の現在の本殿。裏手に旧本殿も残っている

  社寺仏閣好きにはたまらない。

 〔10〕
  御嶽神社を出て、前述の分岐まで戻る。山上集落の散策は、
  現代に甦った、失われた街の散策をしているようで楽しい。

 〔11〕
  高尾山や白山の市ノ瀬ビジターセンターなどを思い出す。

 〔12〕
  御嶽神社からケーブルカー駅へ向かう途中に、大塚山への
  分岐がケーブルカー駅に向かって左側にある。上り坂。
  大きく指示が書かれているが、登山道の指道標ではなく、
  いわゆる普通の看板である。大塚山・富士峰園地の文字に
  反応するとよい。
  登山道の指道標スタイルで、滝本駅・御嶽駅への指道が
  あったら行き過ぎで、その手前となる。

 〔13〕
  古里駅への分岐。縦看板で指道あり。

 〔14〕
  大塚山、920.3m。御岳山近辺からは緩やかに登る。
  可もなく不可もなく、淡々と踏んでいく山頂。
  山頂よりも、その直下にある大塚山園地の方が休みやすい。
  かなり汚いが、園地にWCがある。
  風は凌げないが、屋根はある。

  大塚山山頂

  御岳山から大塚山方面を示す指道も、この看板と
  同種類のみてくれである。

 〔15〕
  林道中の分岐。

 〔16〕
  林道中の指道標。大久保と書かれている。

 〔17〕
  林道中の指道標。大平と書かれている。

 〔18〕
  丹三郎の登山口。獣害よけの金網を自ら開けて通る。
  金網上部は電流が流れているので触るな、という指示が
  とても印象に残る。金網は開けてよい。但し閉める。
  登山口は小さいながら園地となっており、WCがある。

 〔19〕
  丹三郎から街道に出る。青梅街道のようだが、吉野街道。
  街道を左折して、しばらく歩いた後に橋を渡る。
  駅前コンビニは酒あり煙草あり。便利。近くに湯はない。

 〔20〕
  コンビニの向かいの細い道の奥に古里駅がある。WCあり。


<所感>

 コンパクトであり、危険個所はなく、エスケープも採り易く、
 山上宿泊も容易で、道中キャンプ場での幕営も可能である。

 奥多摩の大自然を満喫できる。訓練場。

 夏山を前にして、予定している装備、もしくは装備の総重量を
 担いで歩けば、実戦前の確認にもなる。

 経験の浅い者を受け入れる包容力があり、それでいて
 歩けば歩くほど味が分かるコース。

 低山は夏に向かないとはいえ、アプローチが深くないので、
 全シーズンで利用したい山だと思われた。

 御岳山上から古里駅への登山道は、決して深いな道ではないが、
 利用者も少なく(当日は一人も見なかった)、山歩きに
 静寂を求める向きにも適す。

 *
 山行ではなく、ハイキングとして捉えるのならば、
 往路復路ともにケーブルカーを利用しなければならない。
 ハイキングの装備で登山道を歩くのは御岳山といえども論外。


低山のすすめトップへ



 
タグ : , , , , ,
 
 

コメントをどうぞ






 
 

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 御岳山-鳩ノ巣イン、古里アウトのコース 2007/07/16

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://teizan.info/cms_mt/mt/mt-tb.cgi/149

 
>> ブログトップ
>> ひとつ前の記事 生涯登山のススメ ~登山家たちのシンポジウム
>> ひとつ後の記事 日本赤十字社の救急法基礎講習


日本百低山とは

 
 日本百低山とは?
 

山行ツール

 【参考資料】
  山行地図(一般)
  山行ガイド
 【気象情報】
  登山天気
  goo天気
  Yahoo!天気情報
 【交通機関】
  Yahoo!路線情報
 【宿泊施設】
  全国山小屋集
  平地泊
 【山岳会】
  山岳会応援サイト
               もっと読む



メールマガジン

 メールマガジン


お問い合わせ

 お問い合わせフォーム


RSSフィード

 ATOM1.0

 RSS2.0

 人気ブログランキング


トップ  低山のすすめ  低山の山行情報  日本百低山  日本百低山リスト  山行ツール  登山の構え  お問い合わせ  特定商取引法表記   サイトマップ
Copyright 低山のすすめ