日本百低山を通して低山に親しむ、低山のすすめ

日本百低山で親しむ低山
トップ  低山のすすめ  低山の山行情報  日本百低山  山行ツール  登山の構え  お問い合わせ  サイトマップ

低山を検索


既知の低山

 [010] 泉ガ岳
 [011] 霊山
 [014] 猫魔ガ岳
 [016] 筑波山
 [035] 武甲山
 [039] 御岳山
 [040] 大岳山
 [044] 高尾山
 [055] 鋸山

未踏の低山

 [001] 藻岩山
 [002] ニセコアンヌプリ
 [003] 樽前山
 [004] 渡島駒ガ岳
 [005] 函館山
 [006] 恵山
 [007] 七時雨山
 [008] 姫神山
 [009] 太平山
 [012] 蓬田岳
 [013] 鎌倉岳
 [015] 小野岳
 [017] 加波山
 [018] 男体山
 [019] 竪破山
 [020] 八溝山
 [021] 古賀志山
 [022] 晃石山
 [023] 岩櫃山
 [024] 嵩山
 [025] 子持山
 [026] 榛名山
 [027] 妙義山
 [028] 鹿岳
 [029] 稲含山
 [030] 荒船山
 [031] 御荷鉾山
 [032] 城峰山
 [033] 笠山
 [034] 秩父三峰山
 [036] 棒ノ折山
 [037] 伊豆ガ岳
 [038] 釜伏山
 [041] 御前山
 [042] 川苔山
 [043] 権現山
 [045] 天上山
 [046] 乳房山
 [047] 石老山
 [048] 高畑山
 [049] 扇山
 [050] 大山
 [051] 塔ノ岳
 [052] 金時山
 [053] 駒ガ岳
 [054] 明神ガ岳
 [056] 伊予ガ岳
 [057] 富山
 [058] 弥彦山
 [059] 米山
 [060] 金北山
 [061] 石割山
 [062] 大洞山
 [063] 足和田山
 [064] 長者ガ岳
 [065] 蛭ガ岳
 [066] 身延山
 [067] 高社山
 [068] 独鈷山
 [069] 霧訪山
 [070] 浜石岳
 [071] 竜爪山
 [072] 天城山
 [073] 高根山
 [074] 発端丈山
 [075] 鳳来寺山
 [076] 本宮山
 [077] 石巻山
 [078] 御在所岳
 [079] 霊仙山
 [080] 伊吹山
 [081] 武奈ガ岳
 [082] 比叡山
 [083] 愛宕山
 [084] 二上山
 [085] 三輪山
 [086] 大和葛城山
 [087] 多武峰
 [088] 吉野山
 [089] 高野山
 [090] 六甲山
 [091] 先山
 [092] 雪彦山
 [093] 蒜山
 [094] 三瓶山
 [095] 弥山
 [096] 琴平山
 [097] 宝満山
 [098] 英彦山
 [099] 鶴見岳
 [100] 開聞岳
 [101] 日本国

高尾山-6号路→1号路の黄金コース 2008/07/23

 


膝の故障悪化後の初山行

2007年7月の登山で膝の故障が顕在化した。その後の経過も芳しくなく、
丸1年ぶりの山行となった。


<高尾山のコース>

 京王高尾線の高尾山口で下車、徒歩・ケーブルカーで登る。

 日本で最も登山者数が多い山であり、よく整備されていて便利である反面、
 平日であっても人で溢れかえっている。

 6号路は完全な登山道で、高尾山といえども登山の装備が必要。


<今回のコンセプト>

 膝の回復状況を確認する。


<山行記録>

 01→11:57  高尾山口駅
 02→12:02  清滝駅周辺
 03→12:12  6号路登山口
 04→12:18  琵琶滝分岐
 05→12:34  硯岩
 06→12:50  稲荷山分岐
 07→13:00  各路への分岐
 08→13:04  高尾山山頂
   ~13:12 
 09→13:25  男坂女坂分岐
 10→14:24  清滝駅周辺

 〔01〕
  京王高尾線の高尾山口駅から歩くと、ケーブルカーの清滝駅前に出る。

 〔02〕
  清滝駅の周辺は、寺社周辺の観光地で見られる土産物店が数多く並ぶ。
  コンビニは少し離れた場所にあるため、現地調達の予定がある場合は
  事前に場所を確認しておく。

  6号路と稲荷山コースの登山口は、清滝駅の駅舎を正面に見て
  左脇にある道を進んでいく(画像では白い車が写っているところ)。
  清滝駅

  1号路は木々の茂る坂道を進んでいく(画像中の青い車のある道)。
  清滝駅周辺

  高尾山のケーブルカー(おまけ)。のどか。
  ケーブルカー
  ケーブルカーの後背面

 〔03〕
  清滝駅から10分ほど歩くと6号路の登山口に出る。
  ここまでは車道を歩くので、登山口前のスペースで準備体操をする。
  6号路登山口

  道標と案内図はしっかりしたものが立てられている。
  案内図

  6号路は登山道として整備されており、観光地化している1号路とは
  完全に異なっている。

  鬱蒼と茂る木々のおかげで直射日光は避けられるが、風は抜けない。
  低山なので止むを得ないが、暑い。登山道に沿って流れる沢の音が
  気休め程度に涼を感じさせる。
  沢

 〔04〕
  高尾山は信仰の山であり、その名残がそこかしこに見受けられる。
  琵琶滝もそのひとつで、一見する価値がある(今回はスルー)。

  琵琶滝への分岐。
  琵琶滝分岐

 〔05〕
  硯岩。
  硯岩

 〔06〕
  6号路にはその外側に稲荷山コースと呼ばれる別コースがある。
  文字通り稲荷山の山頂を踏んで高尾山山頂に到達するコース。

  画像中の道標左側が稲荷山コースへのルート。右側が6号路。
  稲荷山分岐

  稲荷山分岐から先の6号路は、水が染み出していて、置石されている。
  6号路置石

  染み出した水が集まって小さな流れとなり、更に他の流れもあわせて
  沢となっていく。6号路沿いの沢のソース(source)へと遡ってきて、
  間近に見ていることになる。

 〔07〕
  置石の登山道を過ぎ、木道の階段を過ぎ、開けた場所に出ると、
  四方向の分岐を示す道標に辿り着く。
  6号路のどんつき

  高尾山の登山道には、
   ・1号路、6号路、稲荷山コースの三つの主路
   ・1号路の副路となる3号路、4号路
   ・周回コースの2号路、5号路
  を挙げることができるが、6号路の最後にあるこの道標は、
  これらのコースを示すものである。

  厳密に言えば、6号路はこの道標までで、実際にはほんの少しだけ
  5号路を進んで1号路に出て、ほんの少しだけ1号路を登って山頂に
  辿り着くことになる。

 〔08〕
  高尾山の山頂は、水道があり、水洗トイレがあり、売店があり、
  およそ山頂らしくない。城址公園のような場所。
  高尾山山頂
  高尾山山頂広場

  高尾山の山頂を踏んで、影信山、陣場山、小仏へ抜けていく場合、
  そのベースとしての高尾山の山頂が、ここまで便利なら大変有利。

 〔09〕
  運命の下山。登れても下れない膝の故障。その具合を確かめながら
  時間をかけて1号路を下山していく。

  しばらくは尾根沿いに歩く。心地よい風が吹き、のんびりできる。

  夏場のせいか、ビアマウントなるビアホールが設置されている

  山中にビアホールを作ってしまう非常識さに憤りを感じるも、
  心地よい環境で飲むビールの美味さに強烈に惹かれる。

  開店時間にあわせて山に登り、景色を楽しみつつビールをくらえば
  さぞや気持ちがいいだろう。

  ビアマウントに後ろ髪を引かれつつ先へ進むと、薬王院に入る。
  下りなので、奥の建物から順に見ていくことになる。

  奥院。飯縄大権現(いづなだいごんげん)。
  薬王院奥院
  薬王院奥院の飯縄大権現
  薬王院奥院正面

  本院。当然だが、飯縄大権現(いづなだいごんげん)。
  薬王院本院左側から
  薬王院本院の飯縄大権現
  薬王院本院右側から

  飯縄大権現からも分かるとおり、高尾山は修験道の山である。
  薬王院の天狗

  山門。高尾山はカップルが多いので、むかつく微笑ましい。
  高尾山の文字
  薬王院の山門

  薬王院の入口。今回は下山なので、薬王院はここまで。
  薬王院の入口

  薬王院を抜けると男坂と女坂の分岐に辿り着く。その名の通り、
  男坂の方が厳しくなっているが、今回は下山なので無関係。

  左手が女坂、右手が男坂(下山時)。
  男坂と女坂の分岐

  男坂のから下を見おろす。どんつきが女坂との合流点。
  男坂から下を見る

  男坂を下から見あげる。
  男坂を見上げる

  左手が男坂、右手が女坂。
  男坂と女坂の合流点

  男坂、女坂の先の鳥居をくぐると、その先はただの道。
  ひたすら下っていくが、ここで膝に痛みを感じる。
  やはり治っていないらしい。膝の故障は厄介である。

 〔10〕
  清滝駅に戻って来る。京王高尾線に乗って帰路につく。

  京王電鉄の新型車両。
  京王電鉄の新型車輌
  準特急新宿行き


<所感>

 登り易い。登山者が多く、ケーブルカーがあり、リスクが低い。
 都心からのアクセスがよく、乗用車がいらない。

 低山は夏に向かないとはいえ、経験の浅い者を受け入れる包容力があり、
 それでいて歩けば歩くほど良さが分かる。

 利用者が多いため、山歩きに静寂を求める向きには適さない。



 
タグ : , , ,
 
 

コメントをどうぞ






 
 

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 高尾山-6号路→1号路の黄金コース 2008/07/23

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://teizan.info/cms_mt/mt/mt-tb.cgi/148

 
>> ブログトップ
>> ひとつ前の記事 日本赤十字社の救急法基礎講習
>> ひとつ後の記事 高尾山-稲荷山コース~5号路~各号路 2010/04/04


日本百低山とは

 
 日本百低山とは?
 

山行ツール

 【参考資料】
  山行地図(一般)
  山行ガイド
 【気象情報】
  登山天気
  goo天気
  Yahoo!天気情報
 【交通機関】
  Yahoo!路線情報
 【宿泊施設】
  全国山小屋集
  平地泊
 【山岳会】
  山岳会応援サイト
               もっと読む



メールマガジン

 メールマガジン


お問い合わせ

 お問い合わせフォーム


RSSフィード

 ATOM1.0

 RSS2.0

 人気ブログランキング


トップ  低山のすすめ  低山の山行情報  日本百低山  日本百低山リスト  山行ツール  登山の構え  お問い合わせ  特定商取引法表記   サイトマップ
Copyright 低山のすすめ