日本百低山を通して低山に親しむ、低山のすすめ

日本百低山で親しむ低山
トップ  低山のすすめ  低山の山行情報  日本百低山  山行ツール  登山の構え  お問い合わせ  サイトマップ

低山を検索


既知の低山

 [010] 泉ガ岳
 [011] 霊山
 [014] 猫魔ガ岳
 [016] 筑波山
 [035] 武甲山
 [039] 御岳山
 [040] 大岳山
 [044] 高尾山
 [055] 鋸山

未踏の低山

 [001] 藻岩山
 [002] ニセコアンヌプリ
 [003] 樽前山
 [004] 渡島駒ガ岳
 [005] 函館山
 [006] 恵山
 [007] 七時雨山
 [008] 姫神山
 [009] 太平山
 [012] 蓬田岳
 [013] 鎌倉岳
 [015] 小野岳
 [017] 加波山
 [018] 男体山
 [019] 竪破山
 [020] 八溝山
 [021] 古賀志山
 [022] 晃石山
 [023] 岩櫃山
 [024] 嵩山
 [025] 子持山
 [026] 榛名山
 [027] 妙義山
 [028] 鹿岳
 [029] 稲含山
 [030] 荒船山
 [031] 御荷鉾山
 [032] 城峰山
 [033] 笠山
 [034] 秩父三峰山
 [036] 棒ノ折山
 [037] 伊豆ガ岳
 [038] 釜伏山
 [041] 御前山
 [042] 川苔山
 [043] 権現山
 [045] 天上山
 [046] 乳房山
 [047] 石老山
 [048] 高畑山
 [049] 扇山
 [050] 大山
 [051] 塔ノ岳
 [052] 金時山
 [053] 駒ガ岳
 [054] 明神ガ岳
 [056] 伊予ガ岳
 [057] 富山
 [058] 弥彦山
 [059] 米山
 [060] 金北山
 [061] 石割山
 [062] 大洞山
 [063] 足和田山
 [064] 長者ガ岳
 [065] 蛭ガ岳
 [066] 身延山
 [067] 高社山
 [068] 独鈷山
 [069] 霧訪山
 [070] 浜石岳
 [071] 竜爪山
 [072] 天城山
 [073] 高根山
 [074] 発端丈山
 [075] 鳳来寺山
 [076] 本宮山
 [077] 石巻山
 [078] 御在所岳
 [079] 霊仙山
 [080] 伊吹山
 [081] 武奈ガ岳
 [082] 比叡山
 [083] 愛宕山
 [084] 二上山
 [085] 三輪山
 [086] 大和葛城山
 [087] 多武峰
 [088] 吉野山
 [089] 高野山
 [090] 六甲山
 [091] 先山
 [092] 雪彦山
 [093] 蒜山
 [094] 三瓶山
 [095] 弥山
 [096] 琴平山
 [097] 宝満山
 [098] 英彦山
 [099] 鶴見岳
 [100] 開聞岳
 [101] 日本国

低山のすすめ

 

山の宝庫

日本は山の宝庫である。日本山名総覧によれば、約18000もの山の名前を確認できる。 一日に平均一座登頂すると仮定して、約50年を必要とする。

これだけ膨大な数の山々があると、名山リストのようなプリセットされた選択肢群が発生するのも、気持ちとしては分からなくはない(賛否両論あって、積極的に名山リストを肯定することはできない)。

先人たちが残してくれた情報をもとに、山を楽しまないのは損ではないかという気さえしてしまう。

低山のすすめでは、数ある山々のうち、低山の条件を満たす名山を通して、山の楽しみを広く伝えることを試みたい。

低山とは

低山をすすめるにあたり、そもそも低山の定義とは何かを考えなければならない。

日本百低山には、低山とは昔から人々の生活圏にあった山で、里山のことを指し、日帰りであるける山で、特別な記述を必要とせず、人並みの体力があれば登頂できる山と定義している。

また、日本百低山では、名山の条件についても言及があり、知名度が高いことや、ストーリー性があることなどを低山かつ名山の条件としてる。

低山のすすめ

なぜ低山がおすすめなのか。背の高い山ではいけないのだろうか。

背の高い山には、体力を必要とする山、技術を必要とする山、経験を必要とする山、相応の装備を必要とする山など、登頂にあたって満たさなければならない条件が多い。

装備はお金で買うことができるし、経験は続けていれば蓄積される。

されど、体力や技術は、一朝一夕には身に付かない。技術はこつこつと蓄積できるが、体力は年齢とともに落ちていく。

体力だけではない。年齢とともに体にはガタがくる。故障によって歩けなくなる日が来るかもしれないし、怪我や故障と上手に付き合っていかなければならない日が来るかもしれない。

背の高い山は、万人にとって楽しめる山であるとは限らないわけだ。

また、こうも考えることができる。標高が高くないと山の楽しみがなくなるのだろうか。背の高い山だけが名山なのだろうか。

決してそのようなことはない。背の高い山には背の高い山の楽しみがあり、低山には低山の楽しみがあるだけのことだ。

山の楽しみに、背の高い山も低山もないというのなら、高齢の人でも、怪我や故障を抱えた人でも、経験の浅い人でも、技術が少ない人でも、おおよそ誰もが楽しむ事のできる低山をすすめるのが道理というものではなかろうか。

低山のすすめが、ウェブサイトを通じて、誰もが低山を楽しむことができるよう、情報を発信し、低山を積極的にすすめているのは、そういった理由からである。

 

 

低山のすすめ



 
タグ : , ,
 
 

コメントをどうぞ






 
 

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 低山のすすめ

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://teizan.info/cms_mt/mt/mt-tb.cgi/153

 
>> ブログトップ
>> ひとつ前の記事 登山の構え
>> ひとつ後の記事 日本百低山リスト(2001年版)


日本百低山とは

 
 日本百低山とは?
 

山行ツール

 【参考資料】
  山行地図(一般)
  山行ガイド
 【気象情報】
  登山天気
  goo天気
  Yahoo!天気情報
 【交通機関】
  Yahoo!路線情報
 【宿泊施設】
  全国山小屋集
  平地泊
 【山岳会】
  山岳会応援サイト
               もっと読む



メールマガジン

 メールマガジン


お問い合わせ

 お問い合わせフォーム


RSSフィード

 ATOM1.0

 RSS2.0

 人気ブログランキング


トップ  低山のすすめ  低山の山行情報  日本百低山  日本百低山リスト  山行ツール  登山の構え  お問い合わせ  特定商取引法表記   サイトマップ
Copyright 低山のすすめ